あなたは、 人目の貴重なお客様です。
どうぞ、ごゆっくりしていってくださいな!